「キモノを着たい」と思ったら

もっときれいに!浴衣を着終わった後のプラスαのチェックポイントはこの5つ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ferititakimono
名古屋の不器用さん向け着付け教室【ふぇりちた】主催。らくちんなのにキレイ!ならくキレ着付けを不器用さん向けメソッドのレッスンでお伝えしています。

前回は「初心者さん向け、浴衣のチェックポイント3つ」をご紹介いたしました。

⇒ 初心者さん、浴衣を着終わったあとの3つの着付けチェックポイント 

 

この3つのポイントがきれいに決まるようなったら、「よりきれい」を目指して次の5つもチェックしていきましょう。

この5つが決まれば、より洗練された浴衣姿になれます。

帯をする前にチェックした方が、手直しをしやすいですよ。

 

1.衣文は抜けてる?

衣文が首にぴったりくっついていませんか?

キレイに抜けていると、涼しげでより女性らしく見えます。

着物に比べて抑え気味にすると上品に見えますよ。

 

2.衣文の形はキレイ?

衣文の形は左右対処になっていますか?

キレイな形の衣文は浴衣姿をより洗練させてみせます。

抜き具合だけでなく、形も左右対称にキレイになっているかを確認しましょう。

 

3.背中はキレイ?

背中に皺ができていませんか?

背中がきれいだと、全体の完成度も上がって見えます。

斜めのしわが寄らないように、丁寧に皺は取りましょう。

帯をする前に処理するときれいに取れますよ。

 

4.おはしょりはもたついてない?

おはしょりはもこもこしていませんか?

ここが整っていると、すっきりして見えます。

特に絞りのような厚めの生地の浴衣はもこもこしないように丁寧に整えていきましょう。

 

5.縫い目は合っている?

お端折りから上と下、縫い目は合っている?

きれいに着れていれば、縫い目は自然と合ってきますよ

最後にもう一度確認!

浴衣は着物に比べて透けやすいもの。

下着が透けていないか、最後にもう一度確認してくださいね。

「透けていないかチェック」について詳しくは下記をご覧ください。

⇒ 浴衣のチェックポイントはここ! なにより気をつけてほしいこと 

 

 

◇【浴衣】最新記事 ◇

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ferititakimono
名古屋の不器用さん向け着付け教室【ふぇりちた】主催。らくちんなのにキレイ!ならくキレ着付けを不器用さん向けメソッドのレッスンでお伝えしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 初心者さんのための着物と着付けの話 , 2018 All Rights Reserved.