「キモノを着たい」と思ったら

初心者さんが『速くきれいにキモノを着る』コツ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ferititakimono
名古屋の不器用さん向け着付け教室【ふぇりちた】主催。らくちんなのにキレイ!ならくキレ着付けを不器用さん向けメソッドのレッスンでお伝えしています。

こんにちは。

着付け&キモノナビゲーターのかほです。

「これから着物を着たい!」

「着物をはじめたばかりです!」

そんな方のために、着物の

世界への第一歩をお手伝いいたします。

生徒さんによく聞かれること

それは

『先生はどのぐらいの時間で着物を着られるんですか?』

みなさん、速く着たいんですよね(笑

 

初心者さんが速くきれいにいるコツはこれ!

それはね、

ゆっくりゆっくり丁寧に着ること

です(≧∇≦)

なぜ?の前にね、みなさん、勘違いされていることが多いの。

 

着付けが上手 ≠ 速い です

「着付けが上手 = 速い」

そう思っている方が多いです。

それ、まったくとは言いませんが、でも、ちょっと違いますよ?

速い = 慣れている

だけです。

上手 = キレイ

ですよ(^ν^)

速くてキレイな人ももちろんいますが、速いだけでそうでない人も?^_^;

 

ただ「速い」だけでなく「キレイで速い」を目指して

スピードオンリー重視が悪いわけではありません。

でも、速さだけを求める方はこんな記事を見たりしないと思いますの(笑

ただ、速く着たいわけではありませんよね?

速くてキレイ!を求めてますよね?
ちなみに、ただスピードアップしたいだけなら、

手を素早く動かせばいいだけです。

紐の扱いも丁寧に

『でも、着付けにとんでもなく時間がかかって泣きたくなります』

という方。

着付けそのものに時間がかかっているのではなく、

やり直しに時間がかかっている場合がほとんどです。

 

スピードを求めて早く手を動かせば、失敗やうまくいかないことも多くなり

やり直しをして逆に時間がかかります。

 

むしろ、ゆっくりゆっくり丁寧に。

そうすれば、失敗も減り、キレイに着られる上に結果として速く着られます。

慣れてくれば、スピードなんて勝手に上がりますから(笑

 

『早く着る』ことを目標を置いているお教室の本当の理由

「制限時間内に着ることを修了目標」

としている教室もあります。

が、それも闇雲に早く早くを求めているわけではないとみます。

『的確に間違いのない動きをする』

ことが目的だと思うのです。

帯も一緒♪

やり直しをしないで、すべの手順を一発で決めていく。

でなければ、早くキレイには着られませんもん。

スパルタンなやり方として有効だと思います(^ν^)

 

『速いこと』は決して悪いことではありません。

速く用意ができれば、朝もゆっくり寝てられますもんね♪

 

速くきれいな着付けのために必要なことは

速くきれいな着付けのために必要なことは

『確実に一発で決める』こと。

 

やり直しをすればするほど、崩れたり歪むリスクが上がります。

その上、時間もかかるのでいいことはまったくありません。

 

急いでうまくできずにやり直しをして、余計におかしくなって

またやり直しをして・・・・・・。

 

そうやって着付けに時間がかかってしまうのです。

 

初心者さんには、

ゆっくりゆっくり丁寧に、的確な手の動きを確認

しながら着てください♪

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ferititakimono
名古屋の不器用さん向け着付け教室【ふぇりちた】主催。らくちんなのにキレイ!ならくキレ着付けを不器用さん向けメソッドのレッスンでお伝えしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 初心者さんのための着物と着付けの話 , 2018 All Rights Reserved.