「キモノを着たい」と思ったら

初心者さん、浴衣を着終わったあとの3つの着付けチェックポイント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ferititakimono
名古屋の不器用さん向け着付け教室【ふぇりちた】主催。らくちんなのにキレイ!ならくキレ着付けを不器用さん向けメソッドのレッスンでお伝えしています。

浴衣でのおでかけ、楽しみですよね。

お気に入りの浴衣でおでかけを楽しむためにも、着終わったあとにきちんと着られているかチェックしましょう。

まずは、お出かけ先で恥ずかしい思いをしないための【基本の着付け3チェック】をご紹介します。

 

1.裾は短すぎない?

浴衣は着物より短く、涼しげに着るのがおすすめ。

 

浴衣のすその長さはお好みです。

短めなら涼しげに、長めならエレガントに。

でも、あまりに短くて足がにょっきり出ていると、小さな子の浴衣姿のようになってしまいます。短くても足首ぐらいまで、ふくらはぎはしっかり隠すようにしていきましょう。

下に身に着けた肌着が裾から見えていないかもチェックしてくださいね。

 

2.襟元ははだけてないか

衿の合わせ具合も好みやその人の雰囲気、体形に合わせていきますが、はだけてしまうと胸もとが見えてしまいます。

衿もとの合わせは喉元のくぼみあたりを目安にするといい感じになります。

あまり深く合わせても暑苦しいのですが、はだけて下着が見えてしまうよりはまし!

慣れないうちはしっかりめに合わせるといいですよ。

 

3.すそははだけないか?

裾合わせをしっかりしないと、歩くたびにはだけて足がにょっきりみえてしまいます。

それではおちついて浴衣のおでかけを楽しません~。周りの人も目のやり場にこまってしまいます。

はだけにくいよう、前の浴衣は身体に対してまっすぐになっているか、確認しましょう。

 

おまけ 紐は出ていない?

浴衣がきれいに着られていても、帯の下やおはしょりから紐が見えてしまっていてはもったいない!

最後に紐が出ていないか、確認しましょう。

 

着付け教室【ふぇりちた】では

通年浴衣レッスンを行っています。

着付け教室【ふぇりちた】

 

◇【浴衣】最新記事 ◇

この記事を書いている人 - WRITER -
ferititakimono
名古屋の不器用さん向け着付け教室【ふぇりちた】主催。らくちんなのにキレイ!ならくキレ着付けを不器用さん向けメソッドのレッスンでお伝えしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 初心者さんのための着物と着付けの話 , 2018 All Rights Reserved.