「キモノを着たい」と思ったら

面倒な「半衿付け」を簡単にする二つのもの

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ferititakimono
名古屋の不器用さん向け着付け教室【ふぇりちた】主催。らくちんなのにキレイ!ならくキレ着付けを不器用さん向けメソッドのレッスンでお伝えしています。

こんにちは。

着付け&キモノナビゲーターのかほです。

はじめてさん&初心者さんのためが

よりキモノを楽しむお手伝いをいたします。

 

きものには絶対に欠かせないのが「半衿付け」

でも、ちょっと面倒なんですよね。

不器用さんには、一番高いハードルかもしれません。

 

そんな半衿付けを楽しくする二つのものをご紹介します♪

 

の前に、半衿の基本のおさらい

 

襦袢の衿のつけ、着物の襟が汚れないようにするための半衿。

カッターシャツの襟もとと同様、かなり汚れます。

一日着たら、取って洗ってまた付ける

これが基本。

そして

しわなくびしっ!

が美しいのです(^^)

 

× ずっとつけっぱなしで汚れたまま

× つけたまま洗う

 

汚れがこびりつき、しわくちゃになってしまいますよ~。

 

まずは、最初から楽しく! 糸通しマシーン

 

わたしが一押しなのがこれ!

「簡単糸通し」

簡単糸通し。

針に糸を通すってけっこう面倒です。

目が悪いと、針に糸を通そうとしている時間がとても長くなる!

が、この糸通しを使うと本当に簡単にさくっと針に糸が通ります♪

 

サクッとつけて、シュッと取れる「奇跡の半衿付け」

 

そして、半衿をつけるのはこちら!

「奇跡の半衿付け」がおすすめです。

本や動画で紹介されている半衿付けはけっこう面倒。

つけるのにも時間がかかります。

 

が、「奇跡の半衿付け」なら慣れれば15分で付けられますよ。

そして、取るのは一瞬♪

 

「つけるのが楽しくなる♡」

と言われるほど手軽にもかかわらず、

仕上がりはとてもきれい!

半衿は端切れもOKなのです

お店で売っている半衿、けっこうお高いですよね。

半衿は端切れで作れます。

15cm × 70cm。

布をこの大きさに切るだけでもう半衿に♪

 

お気に入りの布や、着れなくなってしまった着物で

オリジナルでお手軽な半衿を作ってくださいね。

 

着付け教室【ふぇりちた】では

「奇跡の半衿付けレッスン」も行っています。

着付け教室【ふぇりちた】

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ferititakimono
名古屋の不器用さん向け着付け教室【ふぇりちた】主催。らくちんなのにキレイ!ならくキレ着付けを不器用さん向けメソッドのレッスンでお伝えしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 初心者さんのための着物と着付けの話 , 2018 All Rights Reserved.