こんにちは。

気軽にキモノを楽しむ着付け教室【ふぇりちた】のかほです。

ぱっとみは同じに見えても、じつはちょっと違うのが「名古屋帯の一重太鼓」と「袋帯の二重太鼓」です。

 

【ふぇりちた】の「不器用さんのための着付けレッスン」では名古屋帯の一重太鼓まで、結べるようになります。

日常的にはこれで十分なのですが、フォーマルな席にキモノを着ていきたい!となると、必要なのが、袋帯の二重太鼓です。

修了生のSさん、袋帯レッスンにお越しくださいました。

名古屋帯と違い、まずは、締める前の下準備。帯をたたむところからスタートです。これが意外に面倒(笑 でも、ここでさぼるとあとが大変なので、ぐっと我慢して丁寧にたたみましょう。

一重太鼓も二重太鼓も、お太鼓をきれいに結ぶためのポイントは「帯枕の使い方」。

名古屋帯の復習もかねて、ここはしっかりと練習していただきましたよ。

きれいな形が見えてみました!

「袋帯って難しい!」と思っている方も多いようですが、名古屋帯の一重太鼓がきちんと結べる方であれば、二重太鼓はむしろ、簡単♪ 二重太鼓がうまく結べない方は基本となる一重太鼓の結び方を見直してみてくださいね。

はじめての二重太鼓でも、ほら、ご覧の通り♪

なにごともまずは基本ですよ。

 

レッスン風景

 

【ふぇりちた】のレッスンメニュー